若洲ゴルフリンクスについて

スポンサードリンク

東京の江東区の若洲海浜公園内にある東京湾に面したゴルフ場が若洲ゴルフリンクスです。若洲海浜公園は、東京港湾局が管轄している海上公園で、都内では広大な敷地の海上公園として有名です。若洲ゴルフリンクスは、東京の都心から一番近いゴルフ場なので、日帰りでゴルフを楽しめるということもあり、とても人気があります。
この若洲ゴルフリンクスがあった土地は、昭和40年から昭和49年まで、生ゴミや廃棄物等で埋め立て地として利用されていた場所で、若洲ゴルフリンクスは、この埋立地を利用できるように55億円の経費をかけて整備することで、できたゴルフ場で、リンクスという名称ですが、ゴルフ発祥の地であるスコットランドのゴルフ場の呼び名から付けられました。
若洲ゴルフリンクスのコース監修には、女子プロゴルファーの岡本綾子と川田太三が携わっていて、ゴルフコースは18ホールあり、東京湾を一望できる所でパター練習ができる練習場を完備しています。他にも、2階建ての練習場を完備していて、打席数は20打席あり、距離は200ヤードです。基本的に1球10円で利用できますが、夜間の場合は照明料が200円掛かります。
ゴルフ場の利用者が多い土曜日や、日曜日、祝日は、練習場1回の利用時間は1時間半以内と時間制限が設けられていて、10時半まではコースを利用する人専用の時間になっています。若洲ゴルフリンクスのコースには、こだわったショートホールや長距離のホール、スタートとしては長いホールなどがあります。

若洲ゴルフリンクスの予約と利用料金

基本的に平日の使用料金は9000円となっていますが、土曜日・日曜日・祝日・年末年始の12月29日から1月3日までの使用料金は通常の倍の18000円となっていて、ゴルフ場利用税は600円で、他にもキャディ料金や緑化協力金などもあります。セルフデーは、キャディ料金と緑化協力金を除いて、食事代込みで11800円となっており、セルフデーは祝日を除く毎月第1・第4月曜日及び第3火曜日に実施されています。
若洲ゴルフリンクスを利用する時には、プレーの1ヵ月前から予約することができます。若洲ゴルフリンクスの予約については予約専用電話にて受付しています。予約は、コンピュータシステムでの予約となっていて、電話の着信順に予約されて行き、予定人数になるまで受付してくれます。プレーの前日まで予約できるように補充受付もしているようですが、ゴルフ場が休みなどの場合は受付出来ませんので注意してください。
コンペなどで使用する場合の予約は、コンペの2ヶ月前から1週間以内の予約が必要で、そうしないと受付してもらえませんので注意してください。
キャンセルなどで予約が入ってない場合については、当日のプレー受付もできますが、若洲ゴルフリンクスは完全予約制となっているので、当日のプレー受付ができるかは分からないので、早めに予約しておくほうがいいでしょう。
予約後にメンバー登録をしますが、メンバー登録はインターネット、もしくは官製はがき・FAXでも行えます。しかし、申込みする際に注意しなければいけないのが、原則として申込みした後に申込者や予約者全員のメンバーの変更はできませんので注意してください。
若洲ゴルフリンクスと同じ敷地内には、海釣り場やキャンプ場、多目的広場、ヨット訓練場、サイクリングロードなど、さまざまな施設があるので、ちょっとした家族のお出かけにも大人気で、晴れた日は、横浜や東京ディズニーランドも一望できるということで人気スポットとなっています。

若洲ゴルフリンクスでゴルフ三昧

スポンサードリンク

若洲ゴルフリンクスを予約

若洲ゴルフリンクスは完全予約制となっているので、当日のプレー受付ができるかは分からないので、早めに予約しておくことをおススメします。


おすすめ記事

アディダスジャージの新作や上下
welboxの福利厚生サービス
アメックスのプラチナカード