東芝ライテックとは

スポンサードリンク

東芝ライテックは東芝の子会社で、主に照明機器、照明器具全般を扱っている会社です。
東芝ライテックが創立されたのは明治時代だそうで、東芝グループの中でもかなり古い歴史を持ちますが、電球を作る会社な訳ですからうなずけます。
東芝ライテックは、東芝グループ内の統廃合の一貫として、平成元年に東芝からの分社が行なわれました。この統廃合で、、東輝電気株式会社と東芝電材株式会社が合併されましたが、これによって照明器具のほぼ全般が、東芝ライテックの事業となりました。
照明器具と言うと東芝ライテックが、ただ蛍光灯や電球だけ作っていると思ったら大違いで、最近では、ムービングプロジェクションシステムと言う凄い映像システムを東芝ライテックは発表して話題になっています。ムービングプロジェクションシステムは「ムービングスターS210」と言う製品名ですが、簡単に言えばプロジェクターのことです。しかし、このムービングプロジェクションシステムの凄い所は、パソコンやDVDの映像をどこでも映し出せるというところです。
最近の液晶ディスプレイがいくら薄型で大画面になったとは言え、ムービングプロジェクションシステムは210型の大画面で、しかもCRTディスプレイを超える画質を実現したと言うことで、今話題になっています。東芝ライテックはイベント会場用のムービングプロジェクションシステムのモデルは既に実績をかなり積んでいましたが、今回、小型のプロジェクターへの参戦は初めてなようで、液晶と比べてどこまでやれるのか今から楽しみです。

東芝ライテックの照明器具

東芝ライテックは照明機器、照明器具の特殊分野でもかなり高い技術力を持っており、山形県農業生産技術試験場と共同で、遠赤色光を使った切り花の栽培の研究にも取り組んでいます。赤色光を発する光源を使うことで、冬場でも切花に使う植物が安定して成長し、冬場でも収穫できると言うことで、豪雪時期の山形の地場産業を支える技術として生花業界からも注目されています。この実験の光源として使われているのは、今のところ蛍光ランプだそうですが、将来的には消費電力が抑えられるLEDランプに切り替えられる予定です。
LEDと言えば、最近はどこでも次世代照明として、LEDランプの開発競争が激化していますが、東芝ライテックも同様で、LEDが今後の照明の主流になって行くことは間違いないと思われます。発光ダイオードと言われる液晶技術の一種がLEDですが、LEDは、小型で長寿命、低消費電力が売りで、信号機や駅の表示板など、公共施設での利用はかなり進んでいますが、家庭向けはまだまだこれからのようです。
東芝ライテックが発表した、業界初の京都議定書の目標値クリアした、家庭向けのダウンライト「E―CORE」は、省エネばかりか地球温暖化防止にまで寄与する製品として、今、注目されています。「E―CORE60」は60W型白熱灯と同じくらい明く、既に市場で販売されていますので、これからLED市場は、東芝ライテックがリーダーシップをとていくのではないかと思います。

東芝ライテックの照明機器

スポンサードリンク

東芝ライテックの照明

東芝ライテックは照明機器、照明器具の特殊分野でもかなり高い技術力を持っていて、とても沢山の商品があります。


おすすめ記事

ウルトラマンメビウス
welboxの福利厚生サービス
若洲ゴルフリンクスでゴルフ三昧