借金にも時効があります

スポンサードリンク

実は借金にも時効があるのってご存知ですか?
その前に時効ってなに?って人のために簡単に時効の説明をしますと、一定の状態(借金の請求がない状態など)が一定期間(個人間は10年、商事債権は5年)そのまま継続した場合、真実の権利関係の合致には関係なく、事実の権利状態に適合するように権利の取得、喪失という法律効果が変動する制度のことです。
なんだかとても難しく思えてきますが、更に簡単に分かり易く言いますと、現状が「間違っている状態」だったとしても、一定期間過ぎたらもうそのままでええやん、と決めてしまう法律なのです。「借金を踏み倒す」ってよく言いますが、まさしくそんな感じです。
よくテレビで放送してませんか? 時効直前の犯人を捜しているので協力してください、みたいな特番とか。結構良くやってますよね?でも、そういった事件とかに限らず、時効って成立してしまうんですよ。
例えば、他人の土地に了承なく勝手に家を建てて、そのまま10年間、その家に住み続けた場合、その他人の土地を乗っ取ることができてしまうんです。ふざけた法律のような気がしますが、これと同じで、借金の場合でも時効を成立させることが出来れば、合法的に踏み倒すことができるという訳ですが、これがおいそれと出来てしまう簡単なことではありません。
まず、前に述べた他人の土地に家を建てて〜の例で言うと、当たり前ですが10年内に立ち退きを要求されたらその土地を立ち退かなければいけません。立ち退き命令を受けた場合、それを10年間無視し続けても時効は成立しないのです(当然ですが、相手方も実力行使や裁判などもしてくると思われます)。しかし、相手からの最後の立ち退き命令から10年間音沙汰が無ければ時効は成立します。
基本的に、よほど運が良い場合か、相手がうっかりしていたとか、もしくは裏工作でもしない限りは時効は成立しないでしょう。借金も同じで、債権者からお金を返せと請求された場合、借金の時効が中断されてしまいます。また、差し押さえや仮処分などをされた場合も借金の時効は成立しません。そんなに甘くないってことですね。

借金の時効の詳細

基本的に借金の時効というものは、相手が借金の返済を放棄した、と認められた場合に成立するというようなものなので、10年後に急に思い出していきなり返せと言い出してもそれは駄目ですよ、という法律なんです。
ちなみに、個人間での借金の場合は10年間が時効となっていますが、銀行や消費者金融などで借りた場合の時効は個人間の借金の場合とは違い、商事債権と言って、個人間の半分の期間である5年間で借金の時効が成立してしまうようになってます。しかし、まあ、どちらの方が成立しやすいのかといえば個人間のほうでしょうか。やはり企業はこまめに請求してきますしね。
ちなみに、前に述べた他人の土地に勝手に家を建てるようなケースを『取得時効』と言いますが、借金の時効のような場合は『消滅時効』と言います。また、殺人罪やその他の犯罪の時効のような刑事事件の場合は、『公訴時効』と言います。
とはいっても、借金の踏み倒しなんてあまり褒めれるものはありませんので、出来るのであれば少しづつでも返済するようにしましょう。10年間や5年間もハラハラしながら生活するなんて体に悪そうですし。

借金の時効について

スポンサードリンク

借金にも時効があります

借金にも時効はありますが、借金の踏み倒しなんてあまり褒めれるものはありません。少しずつでも返済していく方法を見つけましょう。


おすすめ記事

スリムウォークの口コミと効果
始末書の書き方について
オメガ スピードマスターが欲しい!