セルコホームの輸入住宅

スポンサードリンク

セルコホームはカナダの輸入住宅の請負建築をしている建築請負業者です。
セルコホームはフランチャイズ制やパートナーズ制を取ることで、事業を急拡大しましたが、早期から研修センターを設立し、参加企業や提携企業の技術力の向上を図ってきました。
セルコホームが取り扱っている輸入住宅は、基本工法はツーバイフォー工法で、カナダから輸入した建築部材を使っているのが特徴です。
しかし、カナダの住宅メーカーとセルコホームが提携しているわけではなく、規格モノの建築部材をカナダのメーカーから輸入して、フランチャイズ契約している建築会社に販売しているだけなので、基本的にはプレハブの大手メーカーと同じだと思ってもいいと思います。
セルコホームに限らず、住宅の良し悪しは工法と材料、施工会社に左右される部分が大きく、セルコホームも自社で建築しているわけではないので、家の品質に大きな違いが出てくるのは、フランチャイズ契約している建築会社によるところが大きいです。
しかし、これは何処の建築会社でどんな家を建てるときでも同じだといえますね。

セルコホームのリフォーム坪単価

セルコホームの増改築リフォームの最大の特徴は、断熱改修や結露撃退、耐震補強、計画換気、シロアリ保証などが付いたリフォームです。
気になるセルコホームのリフォームの坪単価は¥210,000~となっています。

セルコホームの評判や評価

実際に家を建てる時、建築業者の口コミの評判やクレーム、苦情などの内容はかなりに気になるところです。しかし、多くの人の場合、家を建てるという一生に一度の買い物をする訳ですから、これらの情報は重要なポイントです。
最近、住宅メーカーには欠陥住宅問題などで訴訟や裁判が付きものですが、セルコホームに限らず、クレーム件数ではなくクレームの割合が重要です。
例えば、施工件数の多い工務店よりも、施工件数の少ない工務店の方がクレームの件数が少ないのは当然といえます。
他にも、高品質なサービスで定評のあるリッツカールトンホテルや東京ディズニーリゾートであっても、クレームが全くゼロということは有り得ません。そんな会社があれば、それこそ詐欺と言えるでしょうね。
という事で、真っ先に見なければならないのはクレーム件数よりもクレームの割合とクレーム内容です。
たいていは、各県の県庁へ行けば、上動産業者を管轄する部署(県土整備部)がありますので、具体的な内容までは教えてもらえないとしても、実際に挙がってきている苦情件数等は教えてもらえる場合もありますので、問い合わせてみるのも一つの手でしょう。

セルコホームで家を建てるときの注意点

セルコホームで家を建てる場合は、施工業者の良し悪しを見極めることが最重要課題と言えるでしょう。良い施工会社が施工するセルコホームでも、部材のランクや品質においては上安が残ります。
失敗しない家作りのために、セルコホームだけでなく様々な業者を比較検討して、じっくり決めることが重要です。

セルコホームの輸入住宅

スポンサードリンク

セルコホームで家を建てる

セルコホームの輸入住宅で家を建てるときは信頼できる良い施工業者を選びましょう。


おすすめ記事

始末書の書き方について
スリムウォークの口コミと効果
借金の時効について