六甲山とは

スポンサードリンク

六甲山は、瀬戸内海国立公園の区域に指定されており、兵庫県神戸市の市街地の西から北に位置する山で、日本三百名山の一つに選ばれており、さらに兵庫五十山の一つにもなっています。昔は、季節に応じて葉を落とす広葉樹の森で、緑が生い茂っていた山でしたが、江戸時代から明治半ばまでは「はげ山」になっていて、山頂付近に林が少し存在していただけでした。
しかし、土砂災害が多く発生したため、明治の半ばになってから兵庫県が砂防事業を開始し、1902年には、六甲山の緑化事業を開始しました。当時、六甲山で行われた緑化事業は、とても画期的で、幅の広い葉をつける樹木を中心に植えられ、河川の氾濫を防ぐ事を目的とした事業でした。
その結果、六甲山の一部の「布引と再度山」が森林浴の森100選に選ばれるまでになりました。山頂の西側に灘区六甲山町があり、六甲有馬ロープウェーの「六甲山頂駅」があります。「六甲山頂駅」から摩耶山山頂付近の摩耶ロープウェーの「星の駅」にかけて、多くののホテルや文化施設があり、まさしく「山上の街」とも言える街が作られています。山上の街には、小学校もあり、神戸市内では一番標高の高い学校として有名です。
六甲山は、神戸市以外にも宝塚市、芦屋市、西宮市にまたがっていて、山頂は、平坦な地形になっていて、ゴルフ場や様々な観光施設が数多くあります。六甲山系から吹き降ろす冷たく乾いた風は「六甲颪(ろっこうおろし)」と呼ばれていて、阪神タイガースの応援歌としても有名です。六甲山は神戸の自然の目印として、また観光スポットとしても親しまれています。

六甲山の観光スポット

六甲山は、昔から交通の便を良くし、さまざまな開発が進められ観光スポットとして開発されてきました。現在では多くの観光客や登山客など、多くの人々が訪れる観光名所となっています。六甲山の観光スポットは、明治時代以降に欧米人によって開発され、六甲山頂には、当時、日本初のゴルフ場である「神戸ゴルフ倶楽部」がオープンしました。この日本初のゴルフ場は、イギリス人によって作られたゴルフ場だそうです。山頂付近にある山道の名称も外国人によって付けられています。
六甲山から湧き出ている地下水である「宮水」は、灘の酒を造るために利用されており、酒造りにはなくてはならない水となっています。夏は涼しく雨が降りやすい気候なのですが、冬はスキーが楽しめるレジャースポットとなっています。六甲山周辺には、観光スポットが数多くあり、「六甲山レジャースポット」という施設もあります。六甲山には神戸市立六甲山牧場が有り、羊やウサギ、牧洋犬、乳牛、ヤギ、馬、ミニブタ、アヒル、ガチョウなど、様々な動物たちがいます。
「六甲山レジャースポット」では、「六甲山レジャースポットポータルサイト」を運営していて、インターネット上でレジャースポットの施設内を案内しています。六甲山レジャースポット内には、高山植物園やカンツリーハウス、人工スキー場、ガーデンテラスなどの施設がありそれぞれエリア分けされています。キャンペーンやイベントも行われていて、元旦の初日の出を六甲山で拝むイベントが催されていて、六甲山のロープウェイでは初日の出早朝運転を実施しています。

六甲山について

スポンサードリンク

六甲山のレジャースポット

六甲山には牧場やスキー場、カンツリーハウス、フィールドアスレチックなど様々なレジャースポットや観光スポットがあります。


おすすめ記事

セルコホームの輸入住宅
セレクソニックの通販
ロイネットホテルを予約