ポーチドエッグについて

スポンサードリンク

ポーチドエッグは、イギリスなどでは一般的な卵料理として広く親しまれている料理です。
ポーチドエッグは、沸騰したお湯に卵の殻を割って落とし、スプーンや箸などで形を整えていく料理なのですが、茹で加減で半熟や固ゆでなど、多くのバリエーションを楽しむことが出来る料理です。
ポーチドエッグの特徴は油を使わないヘルシーさであると言えます。
他にも卵にはアビジンと言う、ビタミンを不活性化してしまう物質が含まれているのですが、これを熱によって破壊してしまえば卵の栄養を充分摂取出来る訳ですが、それについてもポーチドエッグは理想的な調理法と言えるでしょう。

ポーチドエッグの作り方と上手く作るためのコツ

お湯に卵を落とす時に、手早く黄身を白身で包むようにすることで、黄身に熱が伝わりにくくなり、同時に白身に熱が通ってちょうどいい具合になります。
ポーチドエッグを調理する時のポイントは、茹でる前にお湯に塩とお酢を少量入れておく事で、白身の凝固とアビジンの破壊が促進されるので、加熱しなくても比較的低温でポーチドエッグを作ることも出来ます。
お玉などの道具を使ってお湯の中で卵の形を整えれば、失敗も少なくなりますし、加熱しすぎも防ぐことが出来ます。

ポーチドエッグを電子レンジで作る!?

ポーチドエッグを電子レンジで作る方法があると聞いて調べてみたら、本当にありました。
でも、「卵を電子レンジにかけると爆発するのでは?」と思う人も多いと思います。
しかし、長時間卵を電子レンジにかけなければ大丈夫だそうで、電子レンジでポーチドエッグは作れます。
しかし、やっぱり長い時間電子レンジにかけてしまうと爆発してしまうので注意が必要ですね。
ポーチドエッグを電子レンジで作るときは、約1分〜1分30秒くらいを目安にするといいでしょう。

ポーチドエッグは朝食に最適

卵を料理するときには油を使う料理が多く、高カロリー、高コレステロールの食品ですが、油やバターを使って料理をすれば、さらに高コレステロール・高カロリーの食事になってしまいがちです。
さらにハムエッグやベーコンエッグなどになると、その傾向は高まります。
栄養補給するのに効率的な食材として卵や牛乳などは食品として理想的ですが、せっかくの卵も調理の仕方で、コレステロールを過剰に摂取してしまうという事にもなり兼ねません。
そういった意味でも、油を使わないポーチドエッグは理想的な朝食であると言うことができます。

ポーチドエッグの作り方とレシピ

スポンサードリンク

ポーチドエッグの上手な作り方

ポーチドエッグの調理法にはコツがあります。効率的な栄養補給に、手軽で簡単なポーチドエッグを朝食にしてみませんか?


おすすめ記事

rcgateで遠隔操作
六甲山について
ラフォーレ修繕寺でリフレッシュ