ペン回しについて

スポンサードリンク

最近ペン回しが話題になっていますが、昔からなんとなく気晴らしや暇つぶしでやっていたのを覚えています。
しかし、今ではインターネット上にペン回し専門サイトが数多く登場し、一気にペン回しのブームが広がりました。
最近ではペン回しの動画もアップされて、詳しいやり方や解説をしているサイトが沢山あって、難易度の高い技などが披露されています。
でも、ペン回しが本当にブレイクしたキッカケは、韓国のWEBサイトでペン回しのプロモーションビデオの動画が配信されたことがきっかけで、ペン回しがブレイクしたのはインターネットでペン回しの動画が見られるようになってからだと思います。
実際に、youtubeでペン回しの惑星という動画が公開されていますが、ペン回しの神業ばかりで、はっきり言って凄過ぎです。
まるでペンが生きている様に見えます。

ペン回しのやり方や技とペン回しの世界大会

韓国のペン回しは、フリースタイルと呼ばれるスタイルが多く、日本のようにペンを放してはいけないというような規制はありません。
最近ではペン回しはフィギュアスケートや体操競技のように競技性も加わってきて、なんと国際大会まで行なわれるまでになりました。
ペン回しのやり方には、 ノーマル系、ソニック系、ガンマン系、パス系、インフィニティ系などの5つのスタイルにカテゴリー分けされるようです。
ペンを回すスピードと使う指の本数で難易度段々とが高くなっていきます。
ペン回しの中で最も難易度が高いといわれるのがガンマンですが、これは、拳銃を指に纏わせながら回転させる西部劇のガンマンのようにペン回しをするためにつけられた名前だそうです。
他にもペン回しのやり方は沢山有るので調べてみると面白いでしょうね。

ペン回しの技を紹介

最も基本的な技は、やっぱりノーマル系の技ですね。
しかし、ノーマル系の技にもシングルアクセル、ダブル、ダブルアクセル、トリプル、リバース、フィンガーレスリバースなど、数え切れないほどペン回しの技があり、コンボ技などの技も加わって多種多様です。
ペン回しの技を詳しく画像や動画で紹介しているサイトは沢山あるので、そちらも見てみるといいでしょう。

ペン回しのやり方とペン回しの技

スポンサードリンク

ペン回しの世界大会とぺん回しのプロ、ペンスピナー

ペン回しの世界大会が2007年に開催され、今後行われるペン回しの世界大会に向けて、日本にも日本ペン回し協会が設立されました。今後、ペン回しはインターネットを介して、世界的規模に発展していくかもしれません。


おすすめ記事

ラフォーレ修繕寺でリフレッシュ
ピクテグローバルインカムと分配金
ポーチドエッグの作り方とレシピ