日商簿記とは

スポンサードリンク

日商簿記というのは、日本商工会議所や地方の商工会議所が行なう簿記の検定試験のことで、正式には「日本商工会議所及び各地商工会議所主催簿記検定試験」と言うなんとも長ったらしい名前ですが、簿記検定としては全国経理教育協会の簿記能力検定、全国商業高等学校協会の簿記実務検定などいろいろ有りますが、法制的に認められたものは、日商簿記検定だけのようで、したがって税理士や公認会計士の受験資格は、日商簿記の検定に受かっている事が前提になります。
日商簿記検定の資格には日商簿記検定四級から日商簿記検定一級まであり、試験科目は商業簿記、工業簿記、原価計算、会計学とあり、試験のランクによって受ける科目の数や種類が変わってきます。
四級と三級は商業簿記で、複式簿記の基礎編とも言うべきレベルの試験で、商業に関する実務や基本理論を試される試験です。日商簿記の二級から工業簿記が加わってきますが、工業簿記というのは製造業などの業種に使われる原価計算を中心にした簿記を意味します。一級になると商業簿記、工業簿記に原価計算と会計学が追加されて、簿記の総合的な知識が問われる試験になっています。
公認会計士や税理士の受験資格である日商簿記の一級を取得しない事には、公認会計士や税理士の試験を受けることは出来ないので、公認会計士や税理士などの資格取得を目指す人には、日商簿記一級は必須の資格になってきます。日商簿記が商工会議所法等で定められているのは、商業であっても工業であっても、簿記は取引をする際の会計資料としての基礎になるからです。
簿記には、対外的な意味合いと内部的な意味合いがあって、対外的には、銀行から融資を受ける場合や新規の取引をする場合、自社の会計状態を示す意味で、貸借対照表や損益計算書を提示しなければなりませんし、株式会社で株式を公開する場合は、情報公開義務として会計諸表も同時に公開しなければならないことになります。
そのような会社の取引などの会計諸表を作成するときに、簿記は必要な資格になりますが、簿記で会計諸表を自分勝手な会計規則で作ったのでは、取引が成り立ちません。なので、統一された共通の会計規則が必要になりますし、その為の役割を負っているのが日商簿記の会計規則ともいえるのです。

日商簿記の重要性

日商簿記を基礎に作られた会計諸表は、対外的な資料として提示する場合ばかりではなく、経営判断を行なう時にも、重要な基礎資料になります。そのような観点から社員に日商簿記検定を受けさせる企業も多くあります。
簿記の重要性ですが、最近では企業の合併が当たり前になってきましたが、そのため簿記のニーズが増してきたと言えます。企業を買収する場合や合併する場合にしても、相手先の会社の財務内容を把握しなければ、何も始まりません。そこで相手の会社を財務分析場合に必要な知識として、日商簿記などの会計知識が求められてくる訳です。
今後はビジネスのグローバル化に伴って、国際標準の会計規則に則った簿記の知識が求められてくると考えられますので、簿記のニーズはもっともっと増えてくるでしょう。

補足:日商簿記検定の申し込みについては、試験日の約3カ月前に最寄りの商工会議所へ問い合わせてください。

日商簿記検定試験について

スポンサードリンク

日商簿記検定試験

公認会計士や税理士などの資格取得を目指す人には、日商簿記一級は必須の資格になってきます。


おすすめ記事

ペリカン便の追跡サービスと配達料金
ピクテグローバルインカムと分配金
ペン回しのやり方とペン回しの技