ムービックスとは

スポンサードリンク

ムービックス(MOVIX)は松竹系のシネマコンプレックス(シネコン)で、ムービックスの正式名称は株式会社松竹マルチプレックスシアターズです。MOVIXは1990年に設立されて、現在では傘下の劇場は全国に20箇所を超えるまでになっています。
ムービックスは基本的には映画興業がメインですが、インターネットのWEBサイトや携帯サイトを活用してチケットの予約が出来るようにしたり、上映映画の情報などを配信したり、他にもムービックスの事業展開として、積極的に提携企業を募集しており、各地方への進出を図っています。
ムービックスは会員のカード発行やカード会員に対しての優待サービスなど、様々なサービスを行なっていますが、かなり大規模な事業拡大に資金調達が追いつかないのか、かなり苦労しているようです。なのでMOVIXは自社で劇場建設はあまり行なわずに、既存の施設を改装したり、テナントの様な形でコンテンツと運用ノウハウを供与して提携企業を求める戦略にしているようです。しかし、これも見方を変えれば、飲食店やその他のフランチャイズ形式の様なモノで、ムービックスの苦心の後を窺うことができます。
企業との提携条件をみると、用地面積や商圏内の人口など、とても事細かに設定しているようですが、特に目に付くのはモータリゼーションや駐車場の広さを意識した立地などを意識しているようで、映画館や劇場の大型化とともに、商圏をモータリゼーションによってかなり広範囲に見込んで、集客を狙っているという点です。

ムービックスとシネマコンプレックス

シネマコンプレックスと言えばすぐに思いつくのが、都市圏を中心とした、集客力のある商業圏を思い浮かべがちですが、それとは逆にムービックスでは、郊外型のファミリーレストランやスーパーマーケット的な発想で集客を考えているようなので、今までのシネマコンプレックスとは一線を画す、少し違った視点で事業拡大を狙っているのが良く分かります。
しかし、一方では劇場の内装はオープンな雰囲気を基本にした、他のシネマコンプレックスと同じ様なコンセプトになっているようで、それほど違いはありませんが、映画の上映だけに留まるのではなく、付帯施設としての売店やカフェ、レストランなどもプロデュースすることで、ただの映画館としてではなく、映画館に複合的なアミューズメント施設としての機能を持たせるようにして、更に収益性を高めようとしているようです。
手法的に、これらの手法は他の会社が運営するシネマコンプレックスでも取っている手法や戦略と言えます。しかし、問題は上映するコンテンツ(映画)が重要で、ロードショーのように常に最新の映画を上映することによって、投資した分を回収するサイクルが短くなりますが、その反面、上映した映画の成功や失敗がすぐに判明することになり、そのために手痛いリスクを負う事にもなりかねません。
他の業界では一般的に顧客のニーズを優先しますが、映画業界が顧客のニーズを調査し、現場からどのように吸い上げ、映画製作の現場に反映するかが、ムービックスもしくは松竹の最大の課題といえるのではないでしょうか。日本の映画会社は、映画ファンや一般の観客の動向やニーズを吸い上げるのが下手なようで、今後ムービックスが松竹の中で、どのような位置付けになるのかは分かりませんが、興味がそそられる所ではあります。

以下にムービックスの各地域の店舗のスクリーン数と席数を簡単に紹介しておきます
東北地方
仙台(宮城県仙台市太白区) <10スクリーン、1,880席>  「ザ・モール仙台長町Part2」内
利府(宮城県宮城郡利府町) <12スクリーン、2,441席>  「利府ペアガーデン」内

北関東地方
宇都宮 (栃木県宇都宮市) <10スクリーン、2,010席>  「FKDショッピングモール宇都宮インターパーク店」内
伊勢崎 (群馬県伊勢崎市) <11スクリーン、2,222席>  「スーパーモールいせさき」内

南関東地方
柏の葉 (千葉県柏市) <10スクリーン、2,009席>  「ららぽーと柏の葉」内
さいたま (埼玉県さいたま市大宮区) <12スクリーン、2,671席>   「コクーン新都心」2F
川口 (埼玉県川口市) <9スクリーン、1,950席>   「リボンシティ アリオ川口」内
三郷 (埼玉県三郷市) <12スクリーン、2,523席>  「ピアラシティみさと スーパービバホーム」内
本牧 (神奈川県横浜市中区) <8スクリーン、1,054席>   「マイカル本牧」6番街
上大岡 (神奈川県横浜市港南区) <未定>   「上大岡駅C南地区再開発ビル」内 ※平成21年オープン予定
橋本 (神奈川県相模原市) <9スクリーン、1,712席>   「SING橋本」内
亀有 (東京都葛飾区) <10スクリーン、2,147席>   「アリオ亀有」内
昭島 (東京都昭島市) <12スクリーン、2,429席>   「モリタウン」内

中部・東海地方
清水(静岡県静岡市清水区) <9スクリーン、1,968席>   「エスパルスドリームプラザ」4F
三好(愛知県西加茂郡三好町) <12スクリーン、2203席>   「ジャスコ三好店」内

関西地方
京都(京都府京都市中京区) <12スクリーン、2,563席>
橿原(奈良県橿原市) <9スクリーン、2,025席>   「ツインゲート橿原」内
香里園〈仮称〉(大阪府寝屋川市)<9スクリーン、1,700席>(2009年春オープン予定)
堺 (大阪府堺市堺区) <12スクリーン、2,416席>   堺浜シーサイドステージ「堺浜えんため館」内
八尾 (大阪府八尾市) <12スクリーン、2,436席>   「アリオ八尾」内(2006年12月4日オープン)
あまがさき〈仮称〉(兵庫県尼崎市)(2007年秋オープン予定)
六甲 (兵庫県神戸市東灘区) <7スクリーン、1,419席>   「神戸ファッションプラザ」9F

中国地方
日吉津(鳥取県西伯郡日吉津村) <6スクリーン、1,306席>   「ジャスコ日吉津SCウエスト館」内
倉敷(岡山県倉敷市) <10スクリーン、2,029席>   「イオンモール倉敷」内
周南(山口県下松市) <7スクリーン、1,550席>   「ザ・モール周南」内

ムービックスについて

スポンサードリンク

ムービックス

今までのシネマコンプレックスとは一線を画す、少し違った視点で事業拡大しているmovixを紹介します。


おすすめ記事

navitimeのナビゲーションサービス
ペリカン便の追跡サービスと配達料金
日商簿記検定試験について