サブプライム(低信用度)について

スポンサードリンク

サブプライムローンは、主にアメリカ合衆国において貸し付けられたローンのうち、優良顧客(プライム層)向けではないものを言い、狭義では、住宅を担保とする住宅ローンに限定されますが、広い意味では自動車担保など住宅以外を担保とするものも含まれます。一般的に他のローンと比べて信頼度が低いローンのようです。
サブプライムローンの貸付残高は最近拡大しましたが、債務者の信用水準が一定基準を満たさない人(優良顧客ではない人)に集中するという特徴により、サブプライムローンの返済遅延や返済不能、それらの波及的効果としての信用の収縮など様々な問題が表面化しています。
サブプライムローンは、主に低所得者向けローンと言われる事がありますが、厳密に言うと信用度の低い人向けのローンといえます。実際に信用力の評価基準には所得については含まれていないようです。
アメリカではサブプライムローンに限りませんが、住宅ローンの返済方法として、初めの数年間の金利を抑えたり、数年間は金利のみの支払いのみでOKだったり、初めの返済負担を軽減したローンが普及したため、債務者が自分の返済能力を考えず借入を行うことが出来るようになり、近年そのような貸付が増加傾向にあったようです。
結果として、返済不能に陥りローンが焦げ付くなどの返済の破綻を起こす結果になったようです。

mizuhioとサブプライム

サブプライム問題の煽りを受けて、中間決算においてmizuhoが最終赤字になると発表されました。専門家の間ではサブプライムの問題が日本の銀行や金融業界に大きな影響を及ぼすことは、以前から指摘されており、金融業界に対して警告する専門家もいました。しかし、サブプライム問題がmizuhoにかなり早い段階から影響することは誰も予想していなかった事態とも言えます。
mizuho銀行だけに限らず、海外ファンドに資金を丸投げして運用している日本の銀行はとても多く、さらに海外ファンドも多くの資金をサブプライムに投資するケースがここ数年続いていました。
アメリカ人消費者の購買資金の大半は、ローンやクレジットによって成り立っているので、余った資金を住宅購入資金に回し、住宅を購入しては転売することで、自転車操業のようにして利益を稼ぐバブル経済になってしまっていたことは事実です。しかし、一旦、住宅ローンの資金の回収が開始されてしまえば、自転車操業の歯車が狂ってしまいバブルがはじける事は分かっていました。そして米国での住宅業界を支えていると言われていた、低所得者層向け(信用度の低い人向け)の住宅ローンが焦げ付き、そのツケがサブプライム問題と言う形で、低所得者層の消費者のローン破綻と言う形で現れてきたわけですが、それが何時起こるか、結果的にどうなるかは誰も考えなかったのです。

mizuhoの今後の課題

バブル崩壊以降、日本の多くの銀行に公的資金が投入されましたが、mizuhoが投入された公的資金の返済に目途が立ち、財務内容を改善するために、積極的に投資戦略を始めた矢先にサブプライム問題が起きた訳ですが、今後その余波が何処まで広がるのか計り知れません。
アメリカの住宅経済の破綻であるサブプライム問題が直接的な原因で、mizuhoが赤字に転落した訳ですが、その背景には経済や金融がグローバル化して行くことに伴う世界マーケットに対しての、日本の金融機関の認識能力や分析能力の欠如を露呈したに過ぎず、今後も日本の金融機関が海外ファンドに資金運用を任せきりにしている限り、今回のサブプライム問題のような事がまた必ず起こる訳で、これを回避するにはmizuhoやその他の日本の金融機関が独自の認識能力や分析能力のような投資判断を持ち、海外ファンドに資金運用を任せきりにするのではなく、独自の判断で資金運用していく必要があるのは言うまでもありません。
しかし、継続的に安定した実績を上げる事は、世界的な金融投資においては至難の業であり、必ず儲かる投資というのはないので、結局のところ経験がものを言う世界なのです。第一勧業銀行・富士銀行・日本興業銀行の分割・合併によってmizuhoが誕生した理由は、まさしく世界経済や世界的な金融市場に対抗出来るだけの資金力を得るためでしたが、結局のところ、肝心の資金運用や投資判断に関してのノウハウが身に付いてないだけでなく、海外の投資ファンドに任せきりだったので、今回のサブプライム問題で相当な痛手を被る事になった訳です。

mizuhoとサブプライム問題

スポンサードリンク

mizuho bankについて

mizuho銀行は投資戦略において、サブプライム問題の煽りを受けて赤字に転落してしまいました。


おすすめ記事

ムービックスについて
navitimeのナビゲーションサービス
モチクリームで美味しいひととき