結婚式で注意すべきマナー

スポンサードリンク

結婚式のマナーには、招待状や服装、祝儀、挨拶などなど、様々なマナーが有りますが、何よりも結婚式の手順に従った対応をすることが、当事者に迷惑をかけない結婚式のマナーの基本中の基本です。結婚式の招待状などの返答は、意外と忘れがちですが、出席の届を出していたにもかかわらず、急な用事や仕事で出られなくなる場合は、社会人の常識としては、早目に欠席の連絡をする事が重要です。
出席者の数の変動は、会場の用意や料理の用意など、さまざまな手配に関わってきますので、連絡が早ければ早いほど結婚式の当事者にとっては、ありがたいと言えます。細かい事ですが、招待状などの返答の文面に「御出席」、「御欠席」など書かれている場合は、二重線で「御」の文字を消す事を忘れないようにして下さい。どうしても欠席する場合は、欠席の理由などを書き添えるようにすれば、より丁寧な対応となります。
結婚式のご祝儀ともなると、金額もさることながら、結婚式のマナーとしては、ご祝儀は新札を用意して包むのが当たり前と言えます。誰でもシワシワのお札よりも新札の方が気分がいいものです。
しかし、いざ新札を用意しようと思い、結婚当日に慌てても、結婚式は休日にすることが多いので銀行が閉まっていては、どうしようもありません。そうなる前に早めに銀行に行って新札を用意しておきましょう。
祝儀の金額は大体3万円前後が相場なのですが、4などいわゆる不吉な数字は一応避けたほうが良いですし、、2で割り切れない数字である奇数の金額であれば無難です。
結婚式に出席が出来なくなった場合でも、最低限の結婚式のマナーとしては、電報ぐらいは送っておくべきではないでしょうか。友人からの電報の少ない結婚式も、なんとなくさびしいものですし、逆にいろんな方からの電報が届けばそれだけでも嬉しいものです。また贈物などを贈っても良いですが、やはり物より花束や祝儀の方が良いかと思います。

結婚式のスピーチや服装、食事などのマナー

結婚式当日の服装ですが、男性は礼服に白のネクタイとパールのネクタイピンが望ましいですね。できればシルバーやパールのカフスボタンがあれば言う事なしですね。女性は、ホワイト系かピンク系のパーティドレスか礼服がいいと思います。女性の場合はコサージュどまりで、新婦より目立つようなファッションは抑えておくべきですし、それが結婚式のマナーとも言えます。
結婚式でのスピーチですが、親友であっても儀礼を欠かさない内容にするようにしましょう。親しき仲にも礼儀ありです。多少成績が悪かった場合でも優秀な成績というように多少持ち上げるのがいいでしょう。しかし、持ち上げすぎはるのもよくないので程々にしておくのがいいでしょう。
スピーチでは内々で受けるような、結婚式に来ている方みんなに分からないようなネタは避けるべきです。親族ご一行様もご同席していますので、その辺の配慮は欠かさないようにするのが、結婚式のスピーチでの最低限のマナーと言えます。更に細かいことを言えば、「さめる」、「分かれる」、「破れると」と言ったような不適切な言い回しや不吉な言葉などは避けるべきです。
結婚式の食事中のマナーですが、少なくともあまり酔わないように気をつけましょう。結婚式で泥酔して大失態というのは、笑えるに笑えませんし、結婚式自体もぶち壊しになります。酔っ払って無様な振る舞いをするに及んでは、結婚式のマナー以前のモラルの問題です。
結婚式が終わってから帰る際には、必ず新郎新婦に挨拶してから帰って下さい。新郎新婦に挨拶もなく帰ってしまうのは失礼ですし、訪問したお宅を、何も言わずに帰るのと同じ事で、最低の行為とも言えますので、せめて挨拶くらいはして帰りましょう。

結婚式のマナー

スポンサードリンク

結婚式での服装や招待状のマナー

結婚式ではいろいろなマナーがあります。事前に準備して失礼のないようにしましょう。


おすすめ記事

ミラジーノについて
丸井エポスカードでショッピング
メゾピアノ(mezzo piano)の可愛いファッションアイテム