骨盤体操について

スポンサードリンク

骨盤体操というのは、骨盤のゆがみを矯正するための体操のことで、骨盤矯正体操や、骨盤底筋体操とも言われていて、骨盤がゆがんでいると肩こりやめまい、腰痛、頭痛などを引き起こすことがあります。これは血行障害により、血行が悪くなる事により引き起こされるものなのです。さらに、骨盤のゆがみは身体のバランスや、見た目にも影響を及ぼします。お尻に無駄な肉がついてしまったり、太ももだけが太くなってしまうなどといった悪影響を及ぼします。そういう時には骨盤体操をすることで、、骨盤のゆがみをとり、体を「内と外から正常に整えていく」のが骨盤体操ということなのです。
骨盤体操で、鍛える骨盤とは腰の部分の骨のことを言い、内臓を外部からの衝撃から守ってくれる働きをするのが骨盤なのです。
骨盤がゆがんでしまう原因としては、姿勢の悪さや、椅子などに座ったときに足を組んだり、歩き方が悪いなどです。さらに、出産経験の有る女性は、骨盤が開いてしまったために、骨盤がゆがんでいるのと同じような弊害が出てしまうこともあるので、産後体操としても最近は骨盤体操が有名になっています。芸能人でもこの骨盤体操を行い、産後太りを解消している人が大勢いるようです。また女性の場合は、産後でなくても骨盤が開いてしまう時期があるので注意が必要です。
女性の場合は、排卵と月経の周期で骨盤が開いたり閉じたりするのですが、基本的に排卵から月経に向けて骨盤が開いていくので、排卵後に骨盤体操を行うと効果的です。骨盤体操を行うことでダイエットにもつながります。骨盤体操は血行が良くなるために、新陳代謝が良くなり、更に、余計な脂肪が付きにくい体になるのです。効果的に、定期的に、骨盤体操を行うことで、素敵なプロポーションを手に入れることができるかもしれません。

骨盤体操のやり方

それでは、誰でも簡単にできる骨盤体操のやり方を紹介していきます。まず、仰向けに寝て足を肩幅程度に開きます。次に足を伸ばしながら右と左の足の親指が触れるように近づけます。この状態を保ちながら足を上に持ち上げます。このとき目標は20センチから30センチ持ち上げ、それを5秒以上保てるようにします。この骨盤体操を始めは自分のできる回数から、徐々に増やし、できるようになったら10回位行うといいでしょう。
また、他にも骨盤体操のやり方があり、大腰筋を鍛えることで骨盤を引き締める体操です。
大腰筋を鍛え、骨盤を鍛えてくれる骨盤体操のやり方としては、片足を少し上げ次に歩幅を大きくその足を前に踏み出すといったやり方です。この体操のポイントは、片足を上げる時にまっすぐ立つことで、また踏み出したときには前足のひざを90度に保つことが大切です。骨盤体操のやり方には他にもさまざまな種類があるので、自分にあった体操で無理のない骨盤体操を心掛けると良いでしょう。

骨盤体操で骨盤の歪みを解消

スポンサードリンク

骨盤体操で下半身スリム

骨盤体操は骨盤のゆがみを矯正する体操で、やり方さえ覚えれば誰でも簡単にできる体操です。


おすすめ記事

マクラーレンのベビーカー
ららぽーと 柏の葉でお買い物
ラウンジリザードの人気アイテム通販