介護福祉士の実技試験について

スポンサードリンク

介護福祉士国家試験では試験内容が筆記試験と実技試験とに分かれており、筆記試験の合格者が実技試験を受験することができ、介護福祉士の実技試験では「介護等に関する専門的技能」として介護の技術に加えて介護される側の人への心遣いなども見られるようです。筆記試験に合格した人のうち100点中40点以上取ったもの(問題の難易度により調整されるようです)に対して実技試験の受験資格が与えられます。
介護福祉士の実技試験の対策としては自分が経験したり、学習して今までにつちかった介護技術が、実戦の場でどのように表現されるかを審査されることになります。過去の試験問題を手に入れるか、実技試験の本番において掲示された問題を黙読した上で時間に余裕があるようであれば実技試験の内容を自分なりにシュミレーションしてみるのもよいでしょう。
介護技術講習会を受講して終了した人については実技試験が免除されますが、その際も筆記試験に通らなければなりません。その場合は、筆記試験に通るまでに実技試験は3回まで免除することができるようです。

介護福祉士実技試験の過去の問題の利用法

介護福祉士の実技試験は筆記試験を通らないと受けることはできず、実技試験は介護福祉士の勉強や経験を実戦の場で表現する試験なので、本番を考えて仕事場にいながらも過去問題を考えながら試行しておくのもよいでしょう。実技試験を受けなくてよい方法というのもありますが、その際には事前に介護技術講習会を受けることによって実技試験が免除されることになります。
介護福祉士の実技試験は午前と午後に分かれて受けることになりますが、受験者数が多いので午前に受ける人は試験が終わっても午後の人が会場にはいるまでは別室で待機することになるようです。
持ち物としては受験票と上靴などがありますが、待ち時間のこともありますので実技試験の過去問題等の参考書を持って行き、予習するのもよいでしょう。服装としてはあらかじめ介護に適した服装という指定がされるようですので、職場のユニフォームがある人はそのほうが使いやすいでしょうし、無い人もジャージか何かを使用するとよいでしょう。
実技試験では待合室にて課題が発表されますのでそこで課題についてイメージしますが、この際あらかじめ過去問題で練習したとおりに手順や順番等を頭で整理すると安心できるでしょう。10分ぐらいの時間を置いて教室を移動して本番となりますが教室にいる試験官やモデルに対しては挨拶をするように心がけましょう。

介護福祉士の実技試験と過去問題の利用法

スポンサードリンク

介護福祉士の実技試験について

介護福祉士の実技試験は筆記試験を通らないと受けることはできません。実技試験は介護福祉士について勉強したことや自分の経験したことを実戦の場で表現する試験です。


おすすめ記事

骨盤体操で骨盤の歪みを解消
kichiriについて
ららぽーと 柏の葉でお買い物