介護福祉士の解答速報について

スポンサードリンク

介護福祉士国家試験等の解答速報は、試験直後に資格取得のための各スクールや有料の受験講座にて行われているようです。また介護職員のための情報機関等でも介護福祉士試験に関する解答速報を独自に行っているようです。解答速報についてはお金はかからないもので自己採点などに使うようにつくられたものです。
解答速報を作っている会社はいくつもあるようですがこれらは受験講座やスクールの独自の責任において作られた解答なので、解答の内容はスクールによって違うといった可能性もあります。
これらの解答はスクールや情報機関等の判断で作られるもので、本試験の解答が正式に発表されているわけではありませんので受験者や解答速報などの情報をほしい人はその旨を理解して、自分の責任において解答情報を使用・活用するようにしたほうが良いでしょう。
これらのスクールでは介護福祉士の試験解答だけでなく税理士や簿記、公認会計士などの解答速報をつくっているところもあるようです。このほか合格基準や合否の発表については試験先である財団法人社会福祉振興・試験センターで行われているようで、申請すれば点数がわかるサービスもあるようです。

介護福祉士の合格発表

財団法人社会福祉振興・試験センターでは社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士の国家試験を行います。出題基準や合格の基準とともに試験の結果は厚生労働省および社会福祉振興・試験センターに掲示するとともにインターネットでも合格発表が行われ、合格発表の内容として、各国家試験の合格者番号や合格基準と解答の発表をおこなっています。
これら介護福祉士等の国家試験を受験した人については合格発表日から60日以内に文章によって点数の照会を行った人には合格者だけでなく不合格者についても試験時の点数を教えてくれるようで、手続き方法としては郵便局に備え付けの振込用紙か銀行の振込み受付書を使用して800円を振り込むようです。
その際には振込用紙か振り込み受付書の控えをコピーしたものと受験票か不合格通知のコピーを同封して送る必要があり、国家試験のうち介護福祉士とともに精神保健福祉士等の二つ受験して点数が知りたいという人は、二つ分の金額の1600円を振り込むことになります。

介護福祉士の合格発表と解答速報

スポンサードリンク

介護福祉士試験について

介護福祉士試験の筆記試験の解答速報は試験直後に各スクールや受験講座によって行われているようです。


おすすめ記事

kichiriについて
介護福祉士の実技試験と過去問題の利用法
骨盤体操で骨盤の歪みを解消