アップリカのベビーカー

スポンサードリンク

アップリカ葛西株式会社(アップリカかっさい)はベビーカーを中心とした育児用品製造販売をおこなう会社で、コンビと並んで、ベビー用品の日本の2大メーカーです。本社は大阪市中央区島之内にあり、ファッション性やデザインを重視したベビーカーの第一号を1949年に発表し、育児用品や子供用の乗り物も早期に開発をしていた。
名前の由来はイタリア語「APRICO」「明るい太陽の当たった」という意味かららしい。これのCOの部分を家を意味する「CASA」の冒頭「CA」に差し替え「太陽が燦燦と当たる家庭を目指し、また温かい心を持った子どもたちに育ってほしい」という願いを込めてこの社名にしたと言う説が有力です。今までにも、さまざまな魅力のあるベビーカーを発売しており、世界で始めて前後兼用(両対面型)椅子型製品で基準の高いヨーロッパ安全基準に適合している。それぞれ魅力はあるが、最近では赤ちゃんの成長にあわせ、平らなベッドからシートに変化する製品や型にはまらず、可愛さや上品さ活動的な印象の製品がある。
アップリカのチャイルドシートは世界初「ベッド型→イス型」兼用タイプでヨーロッパの安全基準に適合し4方向にも回転します。成長に合わせて赤ちゃんを守る、医学と脳科学から生まれた充実の機能や通気性、クッション性ともに優れ取り付けも簡単で乗せ降ろしも簡単な構造に作られている。また、ジュニアシートも首、背骨、腰、股関節を成長に合わせてしっかり守るヨーロッパの安全基準に適合品があります。
アップリカのベビーカーには、ショコラ、ショコラクワトロ、VERYベリーMini、ベビークルーザー、ドリブル4、双子用のツインなど様々な種類とカラーがあります。アップリカは種類が豊富なのでお気に入りのベビーカーが見つかると思います。

アップリカのチャイルドシートとジュニアシート

アップリカはベビーカーだけでなく、チャイルドシートやジュニアシートの製造・販売にも力を入れていて、アップリカのチャイルドシートはシートだけでなく、平らなベッドにもなります。 アップリカのチャイルドシートは、前向きにも、後向きにも出来て1台で長く使用できるチャイルドシートです。赤ちゃんが自然な姿勢で眠ることができるベッド式は赤ちゃんの呼吸を妨げませんし、中でもマシュマロシート&ベッドというシリーズは、柔らかいマシュマロクッションで赤ちゃんを振動から守り、マシュマロシートはとてもソフトな感触で、座り心地がバツグンです。
ジュニアシートにもクッション性バツグンのマシュマロクッション使用のジュニアシートがあり、通気性もいいです。

アップリカの育児用品や在宅介護・リハビリ機器

アップリカの靴はファーストシューズからあり歩行形態に合わせた工夫がいっぱい詰まっておりとても人気があります。哺乳瓶でも赤ちゃんの気持ちを、いちばんに考えて研究されて作った製品があります。アップリカは、これだけではなく、赤ちゃんに関連した製品、家具や子守帯、おもちゃやマタニティーなどの実用性が高くデサイン性や機能性に優れた商品を、赤ちゃん医学と育児工学に基づきしっかりとした製品が多数販売されています。
また、アップリカは育児用品だけでは無く、お年寄りや障害者のための在宅介護・リハビリ機器などを赤ちゃんを守る育児器具とともに開発している、「アップリカ ヒューマンウェル」が有名です。
アップリカから「におわなくてポイ」という、紙おむつ用ゴミ箱が発売されていますが、これは、きれい、かんたん、におわないと三拍子揃った新タイプの消臭・紙おむつ用ゴミ箱です。赤ちゃん用のオムツから大人用まで、紙おむつを衛生的かつ、簡単処理できます。「におわなくてポイ」は、手が汚れず、気になるニオイもカットしてくれるのでとても重宝します。
アップリカでは、『最高の美しさと感動、そして豊かな愛情で赤ちゃんを包み込みたい。』という願いを込めてミラノに「アップリカ モンテナポレオーネ店」をオープンしている。そんな、アップリカは、デザインや機能性がいいので妊娠のお祝いや、出産時のプレゼントとして、とても喜ばれている製品です

アップリカのベビーカーや育児用品

スポンサードリンク

アップリカ(aprica)のベビーカー

アップリカはベビーカーやチャイルドシート、育児用品など様々な商品を販売しています。


おすすめ記事

アクアラックスを試すには
アルバイトローン紹介所
アクアスキュータムのファッションアイテム